Simon Yu Production
14Dec/140

A Portrait of The Artist – Rie Tsuji ENG

Introduction

This project is a part of Yusuke Suzuki & Simon Yu Production's, "A Portrait of The Artist." We welcome keyboardist Rie Tsuji in this series which contrasts her two identities: the front line performer as a member of Beyonce's band and the off stage persona, away from the spotlight. This feature documents the creation of a photo collection produced by an eclectic group of six Japanese artists based in New York. The session ran for sixteen consecutive hours at RIRO MUZIK studio, owned by Rie and her husband Rozhan in Bushwick of Brooklyn, New York. After viewing some of the finished product, I felt a sense of excitement and inspiration that I had never felt before. The following interview highlights artist, Rie Tsuji's life, both on stage and off.

 

Rie Tsuji - - Model
Simon C.F. Yu - - “White” Photographer/Videographer/Editor
Yusuke Suzuki - - “Black” Photographer/Videographer
Mika Mitamura - - Make-Up Artist
Yuko Nakao - - Stylist
Yasutaké Kosaka - - Hair Stylist
Kentaro Kennyy-Meltrick Kojima - - Interviewer/Japanese text writer
Tomoko Akaboshi - - English Translator
Studio: Riro Muzik

 

Part 1:

Kennyy: How was this shoot for you?

Rie: It was SO MUCH fun! Okay, I sound like an elementary school kid saying this (laughs out loud).

Kennyy: Well, it's important to be able to say that something was enjoyable from the start.

Rie: Again, I truly enjoyed it. It was purely a project that was created by everyone's efforts. Our team of six took about sixteen hours on the day of the photo shoot, but even prior to the shoot, I rehearsed with our make-up artist Mika and hair dresser Mr. Kosaka. We discussed what I had in mind as I absorbed the opinions of the professionals. 

As for Mika, she would present ideas for accessories to use in the shoot, and even come shopping for the items with me. As for Kosaka, we sat down together and researched for tons of images. Not to mention the wardrobe for this shoot; these costumes from renowned designers were all pieces that I would not have been able to access myself, but Yuko's influence proved to be invaluable in obtaining them.Obviously these were clothes I wouldn't find in my closet, so Yuko accompanied me to a variety of showrooms. Everyone lent me their talent; this was how we worked together. The same goes for photography: Yusuke and Simon's professional perspectives formed the foundation, but they would consider my creative opinion as well. This process wasn't something that could happen in just one day; it would require more creativity overall, and I enjoyed that aspect of it. This was my first project collaborating with artists from diverse fields outside of music, which may be why it was so inspiring and enjoyable. 

black-062-Edit-Edit

Kennyy: It appears that you have been a member of Beyonce's tour band for eight years. Were there any memorable performances or moments you'd like to share with us?

Rie: During our most recent tour, at the climax of one of the songs, Beyonce climbs on top of my piano after my solo. This is a very special moment when I connect closely and touch her soulful spirit. We stimulate each other, and it's a feeling I can't quite express in words. 

black-139

Kennyy: Are there times you try to inspire or uplift yourself?

Rie: At times when there are accidents, like my sound not coming out on stage, I try to encourage myself. These moments are what make you stronger. 

 black-287-Edit-Edit-Edit

Kennyy: You have spent fifteen years in the United States now, not only performing with Beyonce, but surviving the rough music scene here in America. For someone like you who grew up dedicating her life to music, what is it that pulls you towards music and your keyboard?

Rie: Hmm… that is a very difficult one to answer… but first of all, music had been something that was naturally a part of me because I started at such a young age. It's similar to the way a child learns the alphabet and language. "I'm probably going to continue playing music," I pondered as an elementary school student. It wasn't a clear vision or anything, but I always had this sense of understanding which hasn't changed. After that, it just gets deeper and deeper as you pursue your studies. 

black-385-Edit-Edit-5

Kennyy: Right, I guess you can say that for anything.

Rie: Exactly. It goes for everything else. The more you get into it, the more you feel like you aren't good enough, or even adequate. So this [pursuing music or performing] is a never ending spiral. There will never be a real sense of "complete satisfaction" since the deeper you involve yourself, the higher and farther your ambitions and goals move away from where you stand. To me, as I explained before, voicings or chords are my words. Music acts as a tool for me to communicate, just like speaking. It's more that music is the only thing I know how to do… hahaha! It's a little different from devoting 100% of your life to music, as it feels music is just a part of me that never leaves. I always aim to reach higher and educate myself.

Kennyy: That sounds ideal; music was a natural part of you first, and with that as a foundation you made music your profession.

black-413

Kennyy: Once you relocated to the United States and started performing for larger productions, did you notice a change in your mindset towards music?

Rie: Hmm… that's difficult. I'm not sure. I don't think there was much of a change in my musical perspective. Of course I have to prepare to be in the right mind frame for each production I am a part of. I learn something new in each environment, and it's all kind of a continuation of what I've been doing. There are definitely different things that were required in the larger productions like Beyonce's shows. A good example is the details that went into staging or stage presentation as a performer. I acquired these new concepts in addition to my musical background. 

Kennyy: The more I learn about you, the more I can sense that your core values towards music are well-defined, perhaps since music is a natural part of you.

Rie: I wonder what it is (giggles)!

black-519-Edit-3-Edit

Kennyy:  As a keyboardist, composer, and arranger in one of the world's hottest spots for the arts (Brooklyn, New York), what are your goals and dreams? I've read up on your ambitions to produce your own album, but what do you envision your original work being like?

Rie: This is another difficult question…! There is no doubt that having dreams and goals is invaluable, but I personally cherish living in the moment while accepting any changes through experiences. Recently, I have been working on maintaining an even balance of these two. 

     But to talk to you about my dreams in detail, I would love to hold a monthly showcase at our studio! I want it to be a place where new music gets introduced. Obviously, there are a lot of goals but I find myself valuing the saying "let nature take it's course!" It's important to enjoy everyday life and be fulfilled without getting too caught up in achieving your goals, and the results should come to you. At least that's how I have been feeling lately. 

Kennyy: Can you let us hear about your original work?

Rie: I'm still at the stage of exploring the possibilities…! But the one thing I can say for sure is that it will be a compilation of many musical backgrounds that I have taken in. I will mainly be utilizing the keyboard instruments but I'm considering some collaborations as well! 

black-583-Edit-Edit-Edit-Edit-Edit

 

ENG Part 2 coming soon
Studio: Riro Muzik www.riromuzik.com

Rie's Blog:http://ameblo.jp/nadeshikoreea/

Rie's Instantgram: Rietsuji0730

Simon: www.simonyuproduction.com

Yusuke: www.uskphoto.com

Mika: www.michahmua.org

Yuko: www.yukonakao.com

Yasutake: www.yas-take.com

Kennyy: www.meltrick.tumblr.com

Tomoko: www.akaboshi.net

Filed under: Uncategorized No Comments
14Dec/140

A Portrait of The Artist – Rie Tsuji 日本語

A Portrait of The Artist - Rie Tsuji

今回のインタビューのイントロダクションとして、Simon C.F. YuとYusuke Suzukiのプロジェクト”A Portrait of The Artist” のシリーズで、今回はRie Tsujiさんに登場して頂きました。今回の唯一のテーマ・コンセプトとして「ビヨンセのバンド等での最前線のエンターテイメントステージで活躍するRieさん(写真作品でのイメージとして黒)と、普段のオフ時のナチュラルなRieさん(白)」 というのをまずお伺いしました。Rieさんと彼女の旦那さん所有のブルックリンはBushwickにある音楽スタジオ「RIRO MUZIK」にRieさん含めNYCをベースに活動する日本人で各々に才能豊かな仲間6名が集まり、16時間ぶっ通しでの撮影で作り上げた今回の写真作品。私も実際に出来上がってきたその作品群を拝見させて頂き、これまでに味わったことがない程の興奮を覚え、とてもインスパイアされました。プロジェクトの締めくくりとしてこのコンセプトに沿った視点で、この度Rieさんにインタビューという形でスポットを当てさせて頂きたいと思います。

Rie Tsuji - - model

Simon C.F. Yu. - - “White” Photographer/Videographer/Editor

Yusuke Suzuki - - “Black” Photographer/Videographer

Mika Mitamura - - Make-Up Artist

Yuko Nakao - - Stylist

Yasutake Kosaka - - Hair Stylist

Kentaro “Kennyy” Kojima - - Interviewer/Japanese text writer

Tomoko Akaboshi - -  English Translator

1). 手前味噌ではございますが、今回の撮影はRieさんにとっていかがでしたか? 

Rie「もう、とっても楽しかったです!!!あはは、小学生みたい(大笑)」

Kennyy「第一声、”とっても楽しい”というのは何より大事ですね(笑)」

Rie「やっぱりとっても楽しかったですね。本当に”みんなで作り上げる”というプロジェクトだったの。撮影の日も6人で16時間位かけたけど、その前から、例えばヘアのKosakaさんとメイクのMikaちゃんとリハーサルをやったりとか。”こういう感じがいい~”って話はするんだけど、でもやはりお二人のプロとしての意見も聞いたりね。Mikaちゃんに関しては、撮影で使う小物のアイディアを出してくれて一緒に買い物に付き合ってくれたり。Kosakaさんは一緒にネットでイメージをつかむリサーチ作業をしてくれたり。そして今回の衣装は全て自分の力ではアクセスできないような名だたるデザイナーさんの衣装なのだけれど、それもこれもYukoちゃんのおかげですね。もちろん自分の私服のクローゼットにはない無いような物だしね。彼女も一緒にショールームを廻ってくれて、本当にみんなが力を貸してくれたの。こんな風に、本当に自分たちの中で作り上げていく感じだった。写真にしてもそうで、Yusuke君とSimon、二人のプロフェッショナルな視点というのが前提というか基本にあって、でもやっぱり”こういうのが好き~”って言うと取り入れてくれたりとか。だから撮影の日で終わるんじゃなくて、全体的に時間を掛けて作っていく過程がすごく楽しくて。やっぱり音楽だけじゃなく、異なったフィールドから色んな人が集まって、違うフィールドの人と何かを一緒に作り上げていくって経験は、初めてだったからかな? うん。だから本当にとても刺激を受けたし、楽しかったです。」

- - -それでは今回の”黒 & 白”という写真作品のコンセプトに沿いまして。まずアメリカの最前線の音楽シーン、それも世界中をツアーして回り活躍されている一人の日本人キーボディスト・演奏家・パフォーマーとしての”Rie Tsuji”、言わばステージ上での「黒」モードのRieさんについてからお伺いしたいと思います。

black-062-Edit-Edit

2). ビヨンセという世界的なビッグアーティストと一緒に(しかも日本人として)お仕事をされるというのはどんなご気分ですか? そして、ビヨンセや彼女のチームとお仕事される中でどんなことが好きだったり、インスパイアされたりしますか?

Rie「まず、もうこのビヨンセのチームで8年も一緒にやってて、”自分が日本人だ〜”って意識することが最近ではなかったんですね。それぐらい自然になっていると思うんです。でもこの質問を振られた時に、その8年前を思い出して。確かに最初は、日本人というより、海外から(=アメリカ国外出身)のメンバーがチーム内で私一人だったので。他はみんな、アメリカ人とかだったので。だから気づくと、”あっ、そっかあたし一人、パスポートが違う”とか、違いを意識する瞬間はあったかなー。でもインスパイアっていう部分では、今回のフォトシューティングと一緒だけど、違うフィールドの本当に超一流の人たちが集まってるわけですよね。ライティングだったりとか、ビデオだったりとか、その上でバンドだったりダンスだったり、ステージデザインだったりね。それで、例えばリハーサル中にビデオが仕上がったらリハのステージから降りて、私達バンドメンバーもそのビデオを見たりするんですよ。もうその時点で、やっぱりすごく圧倒される仕上がりじゃないですか!だからそういうのでもいちいち感動する、みたいなね(笑)だからもの物凄く刺激も受けるし、そうやっていろんな人からインスパイアされています。」

black-139

3). ビヨンセのツアーバンドに参加されて8年目とのことですが、今までのビヨンセとの仕事で一番印象的なステージや瞬間はありましたか? そしてどんな瞬間やステージで、ご自分を奮い立たせたりなさいますか? 

Rie「一番最近のツアーでのショウのクライマックスで、私が演奏しているピアノの上にビヨンセが乗るシーンがあるのですが。それは私のソロからの繋がりで彼女が乗ってくるのね。彼女のソウルフルなスピリットを一番間近で感じられるすごくスペシャルなモーメントというかね、二人でお互いがお互いを盛り上げていく何にも代えがたい瞬間ですね。」

Kennyy「では、”ご自分を奮い立たせること”もありますか?」

Rie「時々起きるトラブルシューティングの時とか、例えばステージ上で音が出なかったりとか、突発的な問題が起きた時に、やっぱり自分を奮い立たせるかな。そういう瞬間があって、鍛えられていくというかね。」

black-287-Edit-Edit-Edit

4). ビヨンセとのお仕事だけでなく、まず渡米されてからもう15年。厳しいアメリカの音楽業界の中で長らく活動されていらっしゃいますが。幼い頃からずっと音楽一筋で生きてこられたRieさんにとって、何が強くキーボードや音楽に向かわせてきたのでしょうか?

Rie「うーんこの質問はすごく難しいけれども…(苦笑)でもまず、音楽は小さい時に始めてずっとやってきているのもあって、すごく”自然”というか、体に染み付いてるものっていうか。人が言葉を学んで、文字を学んでいくのと、同じくらい自然な感じで育ったんです。なので、ホントに小さい頃から”音楽はずっとやっていくんだろな〜”っていう自負みたいのがあって、小学生くらいかな?からもうあって。でもそこにすごくクリアなビジョンとかがあったわけじゃないけど、そういう風な気持ちはずっとあったんです。だから、それは今も変わらずで。あとはやっぱり、勉強すればする分、奥が深くて…。」

Kennyy「何でもそういうものですよね。」

Rie「そう、何でもそうだよね。だからやっぱり、やったらやる分、”あぁ自分はまだまだだなー”っていうのに直面するわけじゃないですか。だからたぶんこれ(音楽を学ぶこと、演っていくこと)は死ぬまで終わらない(笑)こう、”出来たー!”っていうのは(本当の意味では)ないじゃないですか。やればやるほど、絶対またゴールが伸びるし。だから単純に、”音の深さ”とかっていうものをもっともっと知りたいなっていうのもあるし。あとはさっきも言ったように、喋るのと同じような感じで自分にとって言葉だったりするのが、ヴォイシング、、コードだったりするので、それはなんていうか、似てるツールというか。結構、(喋ることとかと音楽を奏でることとでは、)同じような感覚なのかな~。そんな気がするんですよね。なので、寧ろ音楽しかできないっていうか(笑)他に何かを出来るわけじゃないから。うーん(笑)でも”音楽一筋!”っていうと情熱的だけど、自然な感じでずっと音楽をやっているし、でももっともっと勉強したいなっ!って気持ちもずっとあります。」

black-385-Edit-Edit-5

Kennyy「それはとても理想的だなって私は思います。なんというか”The 職業音楽家”として音楽をやる感じとはまた意識が全然違うんじゃないのかなって気がするのですが。それぐらい音楽はもともと自然なもので大事なものであった上で、お仕事でもやっていく、っていうそのバランスとして。では、渡米してきて、大きい仕事をするようになって、何か意識の変化はありましたか?」

Rie「うーん、難しいですねー(苦笑)どうなのかなあ。意識の変化は、、そんなにないのかな。もちろん、こういうプロダクションでやる、っていう上での心構えはあるけど。結構、今までずっとやってきたことの延長だったりするので。でも、もちろんこの今の環境で新しく学んでいることも絶対にあるんですけれど。ビヨンセさんの様な大きいプロダクションに入ってから求められたことも確かにある!例えば、音楽だけじゃなく、ステージングやパフォーマーとしての見られ方とか、そういう自分を演出するっていう音楽の上に加わってきたことは、自分にとっては新しいことだったし。でも音楽って部分で考えたら、今までやってきたことの積み重ねでやっているというか。」

Kennyy「お聞きしていて思うのが、音楽がRieさんご自身の中で自然であるからこそ、音楽っていう部分の軸がぶれないのかなって、きっと。」

Rie「なんなんでしょうね~、あははっ(笑)」

Kennyy「やっぱり、自然体で良いですね(笑)」

black-519-Edit-3-Edit

5). それでは「黒」サイドの最後の質問です。時代の中心と言われるNY、それも音楽や芸術の盛んなブルックリンという街で音楽スタジオを構え、キーボティスト/作編曲家として活動されているRieさんにとって、今後の夢や目標はありますか? そして事前にリサーチさせていただいていて、今後ご自身の作品、アルバム制作にも力を入れていきたいとの事ですが、Rieさんご自身の音楽作品はどういった音楽になりそうですか?

Rie「これも難しい質問だねー。私は、夢や目標を持つことも大切だと思うし、でも色々経験してきて変化していくことも受け止めながら”今”を大事にして目の前にあることも一生懸命にやっていきたいと思っています。最近は、この両者のバランスを保つスタンスというか。でも具体的な夢を言うと、ブルックリンのうちのスタジオで月一とかでもっとショウケースをやっていきたい、とか。うちのスタジオから音楽をもっと発信していきたいなっていう思いはあるんだけどね。そうだね、とにかく目標はあるけど、”まぁ成るように成るさって!”っていう自分もいたりとかして(笑)ただ、それに囚われ過ぎずに毎日を楽しく充実させて生きていきたいかな。その結果がちゃんと結果として生まれるんじゃないかなって、なんとなくそういう風に最近は変わってきましたね。」

black-413

Kennyy「では、Rieさんご自身の音楽作品についてお聞かせいただけますか?」

Rie「これに関しては、模索中だからまだ”…”みたいな(笑)でもひとつ言えるのは、今まで自分がやってきたいろんな音楽の要素が融合したものになるだろう、とは思ってます。そういうサウンドにはなるんじゃないかと。もちろん鍵盤楽器がメインでね。でもコラボとかもね、考えたりしてます。」

 black-583-Edit-Edit-Edit-Edit-Edit

- - -それでは後半戦。いよいよナチュラルなRieさん、いわゆる普段の「白」モードのRieさんについてお伺いしたいと思います。私個人的に、音楽ジャーナリストとして音楽の方々にお話を聞く中で、音楽的なルーツや音楽の話をお聞きするのはもちろん冥利な部分なのですが、音楽というものは音楽家の方にとっては尚の事に「生活に密着したもの」であるかと思っています。なので、普段のRieさんの事をお聞きするのもとても楽しみにして参りました。

YS1_9592V2

6). それではまず、オフの時は何をされてますか? 音楽以外で好きなことや、もっと言えばご趣味は?

Rie「オフの時は、カフェとかでボーっと本読むのとかがすごく好きで (笑)普通なんだけど(笑)。

インテリアがとにかく大好きなので、可愛いお店とか見るとすごくうきうきしますね。それだけで幸せになれるんです。」

Kennyy「NYCでオススメのカフェってありますか?」

Rie「コーヒーが美味しいと思ったのは”Blue Bottle Coffee”と、”Cafe Grumpy”かな。雰囲気が好きなカフェは、ウィリアムズバーグにある”House of Small Wonder”がものすっごくかわいくて店内に入った時の感動っていったらなくて、女の子は絶対好きな空間だと思う。あとは、実際お仕事のイベントで初めて行ったんだけど、”Kinfork Studio”ってカフェが”The Brooklyn”みたいなかっこいい雰囲気で好きかな。」

Kennyy「ちなみに、どんな本がお好きですか?」

Rie「えー、なんだろう(笑)バイブル本じゃないけど、ライフコーチング的な意味で、思い出した様によく読むのはロンダ・バンートン著書の”The Secret”かな。あとは普通に小説とか読むかな。最近読んだ小説は”モンスター”って映画化もされた作品かな。(*百田尚樹の同名原作、大九明子監督2013年邦画作品)友達から借りて読んだんだけどね。」

YS1_9640V2

7). インテリアがとにかくお好きとのことですが。スタジオを綺麗にデコレートされたりするにあたり、こだわりや、好きなインテリア・ブランドや、ブルックリンやNYCでオススメのオススメのお店がありましたか?

Rie「インテリアは大好きで。まだまだスタジオのインテリア・デコレーションは自分の中で100%ではないので、もっと色々メイクオーバーのプロジェクトは頭の中にいっぱいあって。スタジオルームのペンキを自分で塗ったりする予定だし。ブランドでいうと”West Elm”とか、”ABC Design”っていうマンハッタンにあるお店とか、ブルックリンのベッドフォード(Bedford)などに多くあるクラフトショップというかヴィンテージショップに行くのが好きですね。基本的には、モダンなものとヴィンテージなもののミックスの感じが好きなので。モダンなものってつるつるしてたりで無機質なイメージがするので、そこにラスティックというかサビサビ感だったり木の温もりだったり、ストーリーやヒストリーが感じられるヴィンテェージのものをミックスするのが好きです。」

YS1_9661V2

8). Rieさんの個人ブログを拝見させて頂いて。特にツアー中のインテリアやお料理に、Rieさんのスタジオの様子も伺える素敵な写真を多々アップされておりますが。 お料理がお好きですか? 得意料理はございますか? 好きな食べ物は?

Rie「お料理は好きだけど、本当普通に作るくらいなんだけどね。煮物も作るし、ハンバーグとかチキンカツとか子供が好きそうなものを作ったり、あとはパスタとか、でも和食が多いかな。筑前煮ってあるでしょ、佐賀で”がめ煮”っていうんだけど。これは昔から作ってるかな。食べるのは好きなんだけど、4回ワールドツアーを回って、それこそ最初のツアーで現地のものを全部食べてやろう!ってくらいに思って、これも美味しい、これも美味しい!って食べてたんだけど。やっぱり年齢も重ねるし、体力勝負だし。どんどん自分が食べたいものを食べたくなってきて、結局自分は和食だったりアジア系の物が好きなんだなってことに気づき、最近はがむしゃらに現地の物を食べようって感じではなくなってきましたね。ショウの日は会場でもケータリングが出るんだけど、たまにSushiとかが出るとすごいテンションが上がって、Yeah!ってなったりね(笑)」

YS1_9688V2

9). ビヨンセとのステージング写真や映像で一際目を引く、ビヨンセがRieさんの弾くグランドピアノの上に乗り歌う象徴的なシーンでのRieさんは、スマイルがとても印象的なのですが。ワールドクラスのステージに立ち、しかも全員女性で構成されるビヨンセのバンドの一員、その中でもアジアンビューティーとして、または一女性の演奏家としてオーディエンスから見られる立場として、美へのこだわりや気をつけていることはありますか?

(ここで、Simon氏が「SK2をガンガン塗る?(笑)」というジョークをたまたま言ったら、まさに正解だったようで。)

Rie「なんで!なんでSimon知ってるの!?うん、本当にSK2は使ってる!(笑)他は、うーん(笑)あっでもツアー中は、お水を多く飲むかな!乾燥してると頭痛になったりするじゃない。もう頭痛になんてなったら、ショウなんてやってられないから、意識して特に飲むかも。あとは美容というよりは、”ヘルシーライフ”として気をつけてることがいくつかあって。一つは、毎日野菜ジュースを作って飲んだりね。あと、電子レンジをかれこれもう2年くらい使ってないかな。というのも、電磁波が体に及ぼす悪影響というのをどこかで聞いて以来、使ってなくて。なるべくオーガニックライフ、フードを心がけてるのもあるけれど。冷凍ご飯とかも自然解凍だし、もしくはフライパンとか鍋でいちいち時間をかけて温めたり、できる限り食べきりで作ったりね。体の内側から気をつけるようにしてるかな。ツアーで一緒になるメンバーでオーガニック狂が多くてね(笑)色々情報を交換したりするの。”あそこのオーガニックななになにが良かったよ~!”とかってね。でも、普通にメイクとかも好きだから、毎回毎回自分なりに勉強というか、自分が好きなメイクとかを探ったりはしますね。」

Kennyy「やっぱり化粧をバッチリすると、テンション上がりますか? 結構人によってはメイクがON/OFFの切り替えになったりしますよね?」

Rie「うん、確かに切り替えになるかもしれないね。楽屋でメイクし始めると、”あっ、ショウが始まる!”って気持ちが入っていくかな。でも美容で言ったら、むしろ日本に帰ると、日本の女性の美意識の高さよ!いやー、帰る度に背筋がピン!となるというか、みななすごいなぁ!って思うから。むしろ私が美容に関して聞きたいくらい!」

YS1_9778V2

10). では、最後になりますが。美のお話をしましたから、今回の白黒双方の写真作品でやはり目を引くのはそのビジュアルイメージですが。美のお話をしましたので、次は普段のRieさんのFashionのこだわりなどについてもお聞かせ願いますか。

Rie「ファションはかなりミックスかなー。ストリートカジュアルが一番多い気がするけど、最近好きなのはロックなものをちょっとだけ取り入れるみたいな感じかな。ブリティッシュ系は大好きですね。古着もたまには取り入れるけど、多分どちらかと言うと昔からあまり女の子女の子してない方が好きな気がするけど。でもたまにすごーくガーリーな感じになりたい日とかもあるし(笑)。ふふっ。ハットの出番の確率は高し!よく被ってますね。ブランドやショップでいうと、それこそワールドツアーに出始めた初期の頃はまだロンドンにしかなかった”Topshop”は毎回ロンドンで寄ってたかな。あとは普通に”Brooklyn Industory”も好きですよ。

Kennyy「本日は長々とつっこんだ質問にまでお答えいただき、本当にありがとうございました。本当にとても充実したお話をさせていただきました!」

Rie「いえいえ、私の方こそこんな素晴らしい機会を与えてくださってありがとうございます。今回のプロジェクトに参加させていただいて、尚の事、私はON/OFFのハッキリした人間だとういうことを新ためて自分でも実感できました。その両極面の私の世界観をこの作品・プロジェクトを通してご覧になった方々に少しでも楽しんでいただければとても嬉しいです。」

YS1_9789V2

 冒頭に記したように、日本人として海外、アメリカはNYCという雑多な街で生きていて、こうしてクリエイティビティに純真に向き合える仲間や機会を自ら作り集まって、最後まで形にするということは今の時代、もしくはこれからの時代の日本人としても、とても意義のある事だと思います。ものを創り生み出し、人に伝え、人の役に立たせる。それが仕事になれば、ともすれば対価に重点が行きがちです。それも大切なことで決して悪いことではないけれど、そこに囚われすぎて基の純粋な「ものづくりの楽しさ」や「コラボレーションの楽しさ」や素晴らしさまでをも忘れてしまいがちです。それでは、わざわざ世界の中心と呼ばれるこんな異国の大都市にまで移ってきて活動している意味すらも見失ってしまいます。今回の”A Portrait of The Artist - Rie Tsuji”のプロジェクトに関わらせていただき、終始チームメンバーの皆様にインスパイアされっぱなしでした。それぞれ皆さんの今後のさらなる飛躍が楽しみでなりません。そしてこのRie Tsuji氏へのインタビューをお読みいただいた方も、同じようにインスパイアされていることを想像して。

Interview & Japanese Text by Kentaro “Kennyy” Kojima (Music Journalist, MELTRICK)

[Sat, Dec 6th, 2014]

Download PDF

Wardrobe:

<Black>
Look1
Dress femme d'armes
Look2
Top, dress and arm piece Logan Neitzel
Look3
Dress and jacket Logan Neitzel
<White>
Look4
Top Stylist own
Skirt Ask Repmode
Look5
Top Model own
Skirt Roomeur
Look6
T-shirts ALALA
Skirt Roomeur
Look7
Dress allison parris
Studio: Riro Muzik
www.riromuzik.com
Behind The Scene Video:

Copyright 2014 All Rights Reserved

 

Studio: Riro Muzik www.riromuzik.com

Ree-Aのブログ:http://ameblo.jp/nadeshikoreea/

インスタグラム: Rietsuji0730

Simon: www.simonyuproduction.com

Yusuke: www.uskphoto.com

Mika: www.michahmua.org

Yuko: www.yukonakao.com

Yasutake: www.yas-take.com

Kennyy: www.meltrick.tumblr.com

Tomoko: www.akaboshi.net

Filed under: Uncategorized No Comments
9Nov/140

New Releases

Hung Ga in NY from simonyuproduction on Vimeo.

Hung Ga in NY
紐約洪家拳

This is my entry for the Sony Professional competition to win an FS7 camera.
Find out more for at this page.

response.pro.sony.eu/BC_MUL_14_MISC_YouTubeCamp_EN_Ph2b?cmp=eml-10700&SFCID=&EEN=BC_MUL_1409_CRMP_FS7CompEnt_EN&SFCN=&SFCT=&SFP=&SFR=&elq=6786580494034000936e66b662fdad81&elqCampaignId=

Directed/Edited by Simon C.F. Yu
A.C. Yusuke Suzuki

Simon: I have been studying with Sifu Joseph Demundo since 2014 summer and I really thankful for him and all the Sihing Sijie on helping shooting this mini documentary of Hung Ga Martial Art in New York.

Shot with Canon 5D mkIII Magic Lantern RAW, processed with Cinelog2.0, Film Convert.
Music Coutursey by Shan Xi Jiang Zhou Drum Ensemble

 

NERVE Live at Mercury Lounge July 20th 2014 from Nerve Official on Vimeo.

Jojo Mayer's NERVELive at Mercury Lounge July 20th 2014
A completely improvised segment from Nerve's show on July 20th at Mercury Lounge, NYC. Jacob Bergson on keys, John Davis on bass, Jojo Mayer on drums, Aaron Nevezie on sound. Shot and edited by Simon Yu 2nd camera Yusuke Suzuki

 

Canciones de Otoño / Songs of Autumn / שירי סתיו

A concert featuring Jewish liturgical poetry In Hebrew and Spanish, and modern-day Israeli songs, evoking the holidays of Sukkot and Simchat Torah, and the autumn season. The concert was co-sponsored by the Leader Family Fund and the America Israel Cultural Foundation, and performed at Congregation B'nai Jeshurun, NY, on October 12th, 2014
Guitar: Dan Nadel
Vocals:
Cantor George Mordecai
Rabbi Haim Ovadia
Rabbi Jose Rolando Matalon
Rabbi Jessica Kate Meyer
Bass: Haggai Cohen-Milo
Percussion: Satoshi Takeishi
Palmas:
Sabrina Hayeem-Ladani
Mary Baird

Video by Simon Yu 2nd camera Andrei Matorin

Filed under: Uncategorized No Comments
23Oct/140

Filmconvert Competition and new releases!

We entered the Filmconvert cinematography competition and the voting is open til Oct 28th! It just need one click to vote and please share if you like the film :)

A Portrait of the Artist - Miho Hazama Film Convert Entry from simonyuproduction on Vimeo.

 

Link to Vote

www.filmconvert.com/Competition_2014/Video.aspx?id=880

 

New Releases

 

AsianInNY 10th Annual Fashion Show @ Grand Central NYC

Video & Music by Simon C.F. Yu

 

Ben Lorentzen - Ugliest Girl in the World Music Video

Directed/Edited by Simon C.F. Yu
2nd Camera by Yusuke Suzuki
Make up by Mika Mitamura

 

jojo

The Video I shot for Jojo Mayer's Nerve live in Mercury Lounge will be on the bonus material for Jojo's new DVD Secrets Weapons for the Modern Drummer Pt. 2: A Guide to Foot Technique if you order it through Guitar Center!!

Click Here to Pre-Order

 

Filed under: Uncategorized No Comments
19Sep/140

New Releases

FORQ - GroundUp Music

The debut album/DVD is available at http://forq.bandcamp.com.
www.forqmusic.com
www.facebook.com/forqband

FORQ is
Adam Rogers - guitar
Henry Hey - keyboards
Michael League - bass
Jason "JT" Thomas - drums

engineered by Rudyard Lee Cullers.
mixed by Nic Hard.
mastered by Josh Kessler.

Directed by Andy Laviolette, filmed by Simon C.F. Yu, Nikki Birch

 

Official music video for Madysin Hatter's original song "Lightning Strikes Twice", available worldwide on iTunes athttps://itunes.apple.com/us/album/pre...

Music Video Directed & Edited by Simon C. F. Yu. Second Camera by Yusuke Suzuki.

CANOPUS Drum Demo video series with Justin Tyson

Recorded at Riro Muzik Brooklyn NY

Video by Simon C.F. Yu

Yoshino Nakahara "Composition 1" live recording

Recorded at Riro Muzik Brooklyn NY

Directed/Edited by Simon C.F. Yu

2nd Camera Yusuke Suzuki

 

 

CD Covers on Posi-Tone Records

81ZS0n8Ft5L__SL1500_

eric_wyatt_borough_of_kings

Filed under: Uncategorized No Comments
13Aug/140

A Portrait of the Artist – Miho Hazama

Hi everyone,

I am happy to release this short film project I've been working on recently.
"A Portrait of the Artist - Miho Hazama"
Yusuke Suzuki, Andrei Matorin, Caroline Stucky and myself have been working together for quite a while and we have been working on many musician's documentaries and EPK (electronic press kit) videos.
We decided to work on a project that showcase the musician's life in an artistic way where most of the scenes were staged and we shot it with the Magic Lantern RAW video hack on the 5D mkiii, then colored it with Davinci Resolve to get the best images possible. To take a step further we also took photos during filming and did a text interview so we can know more about the artist in different spectrum.
Special thanks to our makeup artist Mika Mitamura for her great work on making the artist looks great on both video and photo.
Make sure you check out the behind the scene video afterwards!

A Portrait of the Artist - Miho Hazama from simonyuproduction on Vimeo.

A Portrait of the Artist - Miho Hazama
Directed, DP, Edited by Simon C.F. Yu
A.C. Yusuke Suzuki, Caroline Mariko Stucky
P.A. Andrei Matorin
Makeup by Mika Mitamura
Music by Miho Hazama
Tracks used: "Hidamari", "Ballad", "What will you see when you turn next the corner" from the album "Journey to Journey" - Miho Hazama available on iTunes
Shot with Canon 5D mk III with Magic Lantern RAW,
Lens: Canon 24-70 f2.8L mkii, Canon 70-200 f2.8L, Canon 85 f1.2L, Canon TS-E 24 f3.5L

Interview:

9L6A4311

Q: When did you start learning music?

Miho: I started taking lessons for piano, electric organ and composition when I was 6 years old. I briefly started thinking that I would love to be a composer when I was in middle high school, so I studied classical composition in high school and college. Then I happened to be the pianist in a college big band, and found contemporary jazz composition very attractive. That made me came to NYC to study jazz composition.

YS1_0183

YS1_0225

Q: What is your source of inspiration?

Miho: Music, experiences, emotions and memories.

YS1_0266

YS1_0441

Q: Why do you choose to live in New York City?

Miho: I believe that NYC is the best city to stay as a young jazz composer. It is also a great timing to dedicate a lot of time and energy to myself, and I feel that this town is perfect for those.

YS1_4433

YS1_4596

Q: What projects you have been working on?

Miho: As a composer, I have my chamber orchestra (a 13-piece band). We made our first album in 2012, and we have been playing at venues in NYC and Tokyo such as The Jazz Gallery, Blue Note NYC, etc. We are excited to record our 2nd album in next spring!! As an arranger/orchestrator, I've worked for a Japanese movie called "Evangelion Q", Metropole Orkest (The netherlands), Tokyo Philharmonic Orchestra (Japan), Yosuke Yamashita, Ryuichi Sakamoto and many others in a wide range of musical styles.

YS1_4710

Q: How was your experience working on this project?

Miho: It was absolutely fun to work with such talented friends. I had no idea what exactly the video would look like, so I just tried my best to follow Simon's directions. I am not used to acting, but at least I tried to not be shy! I got so excited when I first watched the video, and there are a lot of cool editing techniques and shots in it! I hope you'll enjoy it as well.

 

Photos by Yusuke Suzuki
Makeup by Mika Mitamura
Edited by Simon C.F. Yu

 

Behind the Scene

Behind the scene of "A Portrait of the Artist - Miho Hazama" from simonyuproduction on Vimeo.

Behind the scene of "A Portrait of the Artist - Miho Hazama"
Directed, DP by Caroline Mariko Stucky
Edited by Simon C.F. Yu
A.C. Andrei Matorin
Photographed by Yusuke Suzuki
Makeup by Mika Mitamura
Music by Miho Hazama
Track used: "Tokyo Confidencial"" from the album "Journey to Journey" - Miho Hazama available on iTunes

Filed under: Uncategorized No Comments
5Aug/140

Jojo Mayer’s Nerve @Nublu

NERVE Live at Nublu – June 23, 2014 from Nerve Official on Vimeo.

Directed by Joseph Marconi

Filmed by Simon C.F. Yu and Yusuke Suzuki

Filed under: Uncategorized No Comments
5Aug/140

Tobias Ralph x Pat Mastellotto x Jim Black


Indiscipline-3 drummers- Hammerax

Adrian Belew, Tony Levin, Bill Bruford, Robert Fripp-Composers
Pat Mastellotto- Drums
Jim Black –Drums
Tobias Ralph- Drums
John Stannard- Arrangement, Fretless Guitar, Piano, Vocal
Sergio R. Samayoa- Recording Engineer and Sample Editing
Water Music- Thanks to Rob, Chris and Ernie
Baby Seal- Catering
The MIDI-ING Cartel- Vocal and piano editing

No Processing was used on Drums/Guitars.

Recorded in 2 takes at Water Music Hoboken 2014.

Video by Simon C.F. Yu
2nd Camera Andrei Matorin

Filed under: Uncategorized No Comments
21May/140

New Releases May 2014


Vogue Taiwan Cover Shoot with Miranda Kerr
Video Assisted and Music by Simon C.F. Yu


Rami Lakkis & Gene Lake - Neverend
Directed/Edited by Simon C.F. Yu
2nd Camera Pete O'Hare

Gene Ess "Fractal Attraction"
Directed/Edited by Simon C.F. Yu
2nd Camera Andrei Matorin
(Sorry Embed disabled by youtube)

Filed under: Uncategorized No Comments
29Apr/140

Jojo Mayer, Leo Genovese, Carlos Mena “Trip to Wendy’s”

Jojo Mayer on drums Leo Genovese on keys and Carlos Mena electric-bass, and acoustic bass quartet
Recorded/Mixed by John Davis @ Bunker Studio
Mastered by Avi Gunther
Directed/Edited by Simon C.F. Yu

Filed under: Uncategorized No Comments